welcome to shintomi town

  • english
  • chinese
  • お問い合わせ
  • 新富町ってどこや
  • サイトマップ
避難場所・施設

災害時の避難所

避難場所及び避難所とは?

1次避難所

さしあたっての危険を回避するための避難場所として地区集会所・地区公民館(63ヶ所を)を指定しています。


2次避難所

広域火災や地震等により大規模な避難が必要な場合の避難場所として公園・学校等(18ヶ所)を指定しています。


避難場所

万一の風水害・火災・地震等に備えて、あらかじめ住居地や勤務先付近の避難場所や避難経路を確かめておきましょう。


風水害時

避難所は、以下の施設が指定されています。
雨の降り方や浸水の状況に注意し、危険を感じたら自主的に避難しましょう。

また、災害の程度によっては、食糧や水などの配給が遅れることがありますので、非常食などは各自準備して下さい。


地震災害時

町では、地震時の一次避難所を指定しています。ほかにも近くに公園や空き地など安全な場所があれば利用して下さい。


避難時にはこんな物を準備しておきましょう!
  • 懐中電灯
  • 携帯ラジオ
  • 非常食(乾パン・お菓子)
  • 貴重品
  • 飲料水(ペットボトル)
  • 救急医療品
  • 衛生・生理用品
  • 毛布・衣類

富田地区指定避難所

番号 地区 一次避難所 二次避難所 避難場所
1 富田町 富田町地区集会所
  • 富田小学校
  • 富田中学校
  • 新富町体育館
  • 新富町文化会館
  • 唐ヶ山稲荷神社
  • 平田児童公園
  • 三納代運動広場
  • 日置運動広場
  • 湖水ヶ池公園
  • さくら南公園
  • 南2号公園
  • 南3号公園
  • 南4号公園
  • 南5号公園
  • 北2号公園
  • 北3号公園
  • 北4号公園
2 新馬場 新馬場地区集会所
3 大渕 大渕地区集会所
4 田中 田中地区集会所
5 上城元 上城元地区集会所
6 下城元 下城元地区集会所
中央公民館
7 八幡 八幡地区集会所
8 平田 平田地区集会所
9 越馬場 越馬場地区集会所
10 鬼付女 鬼付女地区集会所
11 西五反田 西五反田地区集会所
12 東五反田 東五反田地区集会所
13 王子 王子地区集会所
14 江梅瀬 江梅瀬地区集会所
15 横江 横江地区集会所
16 軍瀬 軍瀬地区集会所
17 平伊倉 平伊倉地区集会所
18 宮之首 宮之首地区集会所
19 矢床 矢床地区集会所
20 奥地区集会所
21 弁指 弁指地区集会所
22 下三納代 下三納代地区集会所
23 新町 新町地区集会所
24 今別府 今別府地区集会所
25 岩脇 岩脇地区集会所
26 六反田 六反田地区集会所
27 日之出 日之出地区集会所
28 野中 野中地区集会所
29 上日置 上日置地区集会所
30 追分 追分地区集会所
富田小学校追分分校

新田地区指定避難所

番号 地区 一次避難所 二次避難所 避難場所
45 瀬口 ※1 瀬口地区集会所
  • 新田小学校
  • 新田中学校
  • 西体育館
  • 新田農村広場
  • 新田コミニュティー広場
46 竹渕 竹渕地区集会所
47 中村 中村地区集会所
48 山之坊 山之坊地区集会所
49 柳瀬 ※2 柳瀬地区集会所
50 中須 中須地区集会所
51 伊倉 伊倉地区集会所
52 麓地区集会所
新田公民館
53 成法寺 成法寺地区集会所
54 溜水 溜水地区集会所
55 新田新町 新田新町地区集会所
56 塚原 塚原地区集会所
57 末永 末永地区集会所
58 舟津 舟津地区集会所
59 上今町 上今町地区集会所
60 下今町 下今町地区集会所
61 大和 大和地区集会所

※印地区・・・町内に適当な避難所又は避難場所がない場合は、県及び近隣市町との協議の上、避難所を指定します。

上新田地区指定避難所

番号 地区 一次避難所 二次避難所 避難場所
31 祇園原 祇園原地区集会所
  • 上新田小学校
  • 上新田中学校
  • 新富勤労者体育センター
  • 上新田運動広場
32 川床 川床地区集会所
33 黒坂 黒坂地区集会所
34 北畦原 北畦原地区集会所
35 東畦原 東畦原地区集会所
36 西畦原 西畦原地区集会所
37 三財原 三財原地区集会所
38 湯風呂 湯風呂地区集会所
39 湯之宮 湯之宮地区集会所
40 一丁田 上新田公民館
一丁田地区集会所
41 学園台
42 十文字 十文字地区集会所
43 新田原 新田原地区集会所
44 春日 春日地区集会所

緊急地震速報


緊急地震速報とは

地震発生後直後に震源に近い地震計でとらえた観測データを解析して、震源や地震の規模(マグニチュード)を直ちに推定し、これに基づいて各地での主要動の到達時間や震度を推定し、到達前にテレビのテロップ・ラジオの放送等ですばやく知らせる情報です。


しくみ

地震では、P波(初期微動)と呼ばれる小さな揺れと、S波(主要動)と呼ばれる大きな揺れが同時に発生します。

P波とS波とは伝搬速度が異なり、P波は毎秒約7キロメートル、S波は毎秒約4キロメートルの速さで伝わります。
この伝搬速度の差を利用して、震源からある程度以上(P波とS波の時間差が充分に開くほど)離れた地点に対しては、その到達時間前に予測を発表するものです。


活用方法

さまざまな方面に緊急地震速報を利活用していくシステムが考えられています。
列車の制御、高度道路交通システムへの速報の組み入れ、空港での離発着規制、津波に備えた水門の開閉の迅速化、施設内や人が多い場所での避難誘導・指示、家庭や職場での安全確保など多岐にわたります。


緊急地震速報を得るには

今現在、緊急地震速報を得る手段として、テレビでは、NHK・宮崎県民放2局で得ることが出来ます。

ラジオでは、NHKのみとなっております。

今後、他のラジオ放送局についても導入を検討しています。
また、一部の携帯電話会社にて、携帯電話に緊急地震速報を受信するシステムについて導入を検討しているとのことです。


速報時の対応

周囲の状況に応じて、あわてずに、まず身の安全を確保することを基本として下さい。


  • 自宅、職場、学校などの屋内では、机の下に隠れ、頭を保護し、転倒物や飛散物から離れ、火を使用している場合は火を消し、窓や戸を開けて避難経路を確保して下さい。
  • 商業施設、イベント会場では、屋内と同様に頭を防護し、転倒物や飛散物・看板や照明等の落下物から離れ、混乱を防ぐため、出入り口に押し掛けないこと、係員などの指示があればそれに従って下さい。
  • 自動車の運転中は、まずハザードランプの点灯等で警告を行い、あわてずゆっくりと減速して、道路の左側に車を寄せて停車して下さい。追突等の恐れがあるため、急停車や急ハンドルは避けましょう。

※緊急地震速報を得ることが出来た場合は、最大限活用して下さい。ただし、緊急地震速報が間に合わなく地震が起きる場合もあります。ですから、日頃からの対策(建物の耐震化・家具の固定等)を行って下さい。

  

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまでお問い合わせ下さい。